薪の保管 雨にさらしていいのか?

薪棚

今年は長雨で、雨の日が多いように思います。

また、台風も接近しており、大雨、強風と油断はできません。

週間天気予報も雨マークが続き、しばらくは雨のようです。

さて、あと1か月もすると薪ストーブのシーズンに入ります。

大事な燃料(薪)の状態が気になるところです。

薪にとって一番大事なことは、木の種類、大きさではなく

薪の乾燥状態です。

薪を乾燥させるのに必要なことは、薪の保管方法です。

そんな薪の保管でやってはいけないことを薪ストーブ歴10年の私が紹介します。

この記事で薪の保管方法の重要なことをお伝えします。

薪の保管 やってはいけないこと
  • 地面に直接置かない
  • 雨ざらしにしない
  • 密着させない

地面に直接置かない

直接 薪

地面に直接置くことで

  • 乾燥が進まない
  • 木が腐る
  • きのこ、カビが発生する
  • 虫の住処になる     

といったことが起こります。一つずつ解説していきましょう。

乾燥が進まない

地面からの水蒸気、水分、雨などが直接薪にあたることで

乾燥が進みません。

薪が水分を吸収し、いつまで経っても湿った薪になってしまいます。

乾燥していない薪は燃焼温度が上がらないだけでなく、

煙を多く排出し、においのある煙を発生させ、近所迷惑になること間違いなし。

薪の乾燥には8か月から1年くらいの期間が必要と言われています。

日本には梅雨、秋雨、台風といった雨の降る時期が長く続きます。

そのため、薪ストーブの使用時期以外は常に雨が降ると考えてもいいでしょう。

木が腐る

地面(土)の中には様々な、菌、きのこ胞子、微生物が住んでいます。

彼らにとって薪はごちそうであり、

栄養分をくれる存在です。

栄養を取られた薪は、やがて腐りだします。

常に湿った薪は木を腐らせる様々な菌、微生物の格好の餌食です。

腐ってぼろぼろの薪は燃料としてのエネルギーはありません。

きのこ、カビが発生する

先ほど紹介したとおり、土の中にはきのこの胞子、カビの胞子

もたくさん存在しており、

薪の養分を吸い、きのこが生えたり、カビも発生します。

特にクヌギなどは、シイタケの原木としても知られており、

きのこにとっては良質の木です。

薪としても優秀なだけでなく、きのこからも愛されるクヌギは

最高の薪材ですね。

きのこが生えた薪は、中身がスカスカになり、

燃焼能力はほとんどありません。

きのこが生えた薪

虫の住処となる

最終的に腐った木には、様々な虫が集まり始めます。

カブトムシやクワガタなどだったらかわいいのですが、

残念ながらあまり見たくない虫も集まりだします。

また、虫が増えることで、さらに薪の浸食が進み

薪として使い物にならなくなります。

その中でも、シロアリは住宅に被害を及ぼすため

ぜひとも避けたい虫です。

私もログラックを持っていますが、非常に軽く、組み立ても簡単にできるため

薪棚としてお勧めします。

もちろんDIYで作ることもできますが、

短管パイプ、2×4材で作った薪棚は重く、動かすことができないデメリットもあります。

木材や屋根材をホームセンターで仕入れると材料費だけで

数万円かかります。そこにさらに工具などの費用を合わせると

市販品を購入してもそんなに値段が変わりがないです。

さらに、DIYで作った薪棚はやがて、腐る、サビるなど劣化します。

長く使うものだからこそ、こういった市販品を使用するのもいいでしょう。

JIN
JIN

直接地面に置かないためにこれが必需品。私も使っています。お勧めですよ。

雨ざらしにしない

雨ざらしにすることで、乾燥が進みません。

さらに、いつも湿った状態の薪は

カビを発生させます。

雨が当たる場所だけにでも、屋根を作り

できるだけ雨ざらしにしないようにしましょう。

雨ざらしでカビが発生

お金をかけたくない方はブルーシートをかけておくことで

代用できますが、ブルーシートをかけたままだと乾燥が進みません。

ここに紹介したシートは大雨、台風などの自然災害時に

あれば重宝します。薪棚の薪が倒れて近所迷惑なることも考えられるので

シートをかぶせることでリスクの軽減が図れますよ。

jin
jin

雨風をしのぐためにこんな商品も販売されています。

密着させない

  • 風が通らない
  • 壁と接して、壁が傷む
  • 虫が侵入する

風が通らない

薪の乾燥には、風の通り道が必要です。

薪材を密着して積むことで風の通り道をふさいでしまいます。

薪を積むときにはギチギチに積むのではなく

少し隙間をあけて風の通り道を作ってあげることが重要です。

壁と接して、壁が傷む

薪棚を設置するにあたって、家の壁やブロック塀との間には隙間を10cm以上は作りましょう。

壁と接することによって、雨で濡れた薪から

木の色素、養分などが壁に当たります。

これにより、壁などが変色してしまいます。

木造の壁だと、壁材を痛める恐れもあります。

また、壁に接することで、風の通り道もできなくなくなります。

虫が侵入する

屋外で乾燥させている薪は自然の物なので

やはり虫はつきものです。

家の壁などに接していると薪から家の壁へ虫が侵入する恐れがあります。

特に外壁が木造だと虫の侵入は気を付けたいですね。

さらに、家の大敵であるシロアリも寄せ付けたくないため

壁に密着させることは避けましょう。

ここでも壁と薪との間は10cm以上は離しましょう。

10cmは虫にとってはかなり遠い距離になります。

番外編

薪を薪棚から何度も補充するのはめんどくさい作業です。

そのため、今日使う分を家の中に持って入ることもあるかと思います。

でも、この行為気を付けないと薪の中の虫が温かい室内に逃げ出すことがあります。

特に私も嫌いなゴキブリは薪の皮の間などに身をひそめています。

彼らは寒い冬の間、薪の皮の間でじっと身を潜めています。

寒さであまり動きませんが、

温かい室内に入るとそこは彼らにとってパラダイスです。

こんなことにならないよう、薪を室内に持ち込むときは注意が必要です。

薪に虫を寄せ付けないようにする方法として、殺虫剤をまく方法がありますが、

ヒバ油やヒノキ油などのにおいを付けておくことで

防虫効果があります。ぜひ試してみてください。

ヒバやヒノキの香りには虫を寄せ付けない効果があります。

スプレーにオイルをたらし、薪に吹き付けます。

すべての虫を排除することはできませんが、

一番嫌なゴキブリには効果あります。

まとめ

しっかりと乾燥した薪を作るには、薪の保管方法が大切です。

  • 薪を地面に直接置かない
  • 雨ざらしにしない
  • 密着させない

できれば屋根のついた薪ラックや薪棚に保管すことをお勧めします。

原木を切り、薪割りをした後、ついついそのまま薪を放置してしまいがちですが、

ベストな状態の薪を維持するためには、薪の保管にも気を付けましょう。

もうすぐシーズンインです。

しっかりと準備、メンテナンスを行い

薪ストーブライフを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA