春キャンプ 寒暖差に備えた装備を

焚火とキャンプ

桜のシーズンもすぎ、いよいよ春本番となってきました。

寒かった冬も終わり、キャンプシーズンの到来です。

今日は、そんな春キャンプの思わぬ落とし穴を紹介します。

この記事でわかること

春キャンプは寒暖差に注意せよ!!

天気は良くても突風に注意!!

春キャンプは寒暖差に注意せよ

春の日差しは暖かく、日中は上着を脱いで、Tシャツ1枚で過ごせるほど暖かい日もあります。

キャンプ場の多くは山の中にあり、日差しも強く、普段の気温と変わらないような感じがします。

しかし、

山の天気を侮るなかれ

日中はTシャツで過ごせるような気温でも、日が陰り、夜になるとその気温は一変します。

一気に気温が下がり、氷が張るような気温に下がることもあります。

春の天気はまだ不安定で、数日ごとに気候が変化します。

俗にいう「三寒四温」というやつです。

その気温差、±20℃といったことも十分考えられます。

そのため、天気予報はしっかりと確認してください。

そして、装備は十分に寒さ対策をしていきましょう。

真冬のキャンプスタイルでもちょうどいいくらいかもしれません。

夜寒すぎて眠れないなんてことのないように。

天気は良くても突風に注意

春キャンプは寒暖差だけでなく、風対策も必要です。

寒暖差が大きいと気圧の変化が大きくなります。

この気圧の変化が大きいと、気圧の高いところから低いところへ風が流れ込みます。

これが春の突風となります。

この突風は、時に台風の風に匹敵するほど強力な風となることもあります。

テントが飛ばないために

テントやタープのペグ打ちはしっかりと強く打ち込む必要があります。

この時のペグの長さは、テントのメインフレームは30cm以上の長さの物がおススメです。

そして、自在ロープなどでしっかりと補強します。

また、テント設営時などペグ打ちする前などは、テントのファスナーなどを開けておき

突風が来ても風が通るようにしておきましょう。

ファスナーがしまったままだと、テントが飛んでいく、テントが破損するなど思わぬ被害があるかもしれません。

火を起こすのも大変

風が強いと火を起こすことも難しいでしょう。

火をつけても突風で火が消えたり、突風で火の粉が舞い上がり

テントや衣服に穴が開くなんてことも考えられます。

あまりにも風が強いと飛んだ火の粉で山火事になるなんてことも。

風の音で眠れない

強風時、テントにあたる風の音で眠れないこともあります。

バサバサとテントがなびく音は、テントが飛ばされないかと恐怖すら覚えます。

隙間風のヒューという音も高音でゆっくりと休むことができないでしょう。

そのため、テントにスカートが付いていれば隙間風対策をしっかりと行いましょう。

しっかりとペグ打ちができていれば、テントが飛ばされる心配はないと思います。

まとめ

これからキャンプシーズンが本格的に始まります。

春キャンプは暖かく気持ちのいい季節ですが、日中と夜間早朝の寒暖差、強風の対策など

備えるべき対策はたくさんあります。

暖かいと思ってキャンプに来たら寒くて眠れない、風が強くて眠れないなんてことのないよう

しっかりと準備と対策を行っていきましょう。

キャンプ道具を持っていないけど、キャンプに行ってみたい。

道具を持っていない方もレンタルする方法もあります。

いよいよ始まるキャンプシーズンを満喫しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA