あなたのコーヒーが10倍おいしくなる スノーピーク フィールドコーヒーマスター

ドリッパー

我が家のスノーピークのコレクションに新入りが登場しました。

それがこのフィールドコーヒーマスターです。

人気のアイテムで、店頭に在庫はなく注文して約1か月待って

入手できたギアです。

今回はその使用方法、味などを紹介します。

あなたのコーヒーが10倍おいしくなります。

キャンプでおいしいコーヒーを飲みたい方にお勧めの記事です。

こんな方におすすめ
  • キャンプでもおいしいコーヒーを飲みたい方
  • キャンプ用のパーコレーターを探している方
  • 他のメーカーのパーコレーターと迷っている方
  • パーコレーターの使い方がわからない方
箱
フィールドコーヒーマスター
今回の内容
  1. フィールドコーヒーマスターの内容物
  2. 使用方法
  3. コーヒーの色、味

大きくこの3点を紹介しようと思います。

フィールドコーヒーマスターの内容

箱を開け中から出てきたものは

  • 本体
  • ハンドル
  • 取扱説明書
  • 収納ケース
フィールドコーヒーマスター

この4点である。

本体の中には、スチームロート、ドリッパーが入っています。

ドリッパー
スチームロートとドリッパー

取扱説明書に書かれているようにまずはハンドルを取り付ける。

ハンドルはねじ式になっており、本体に取り付け穴があるのでそこにねじ込みます。

ハンドル
ハンドル固定

とりあえず、これで完成。

取扱説明書によると、容量は760ml

コーヒー4カップ分を淹れることができるようです。

使用方法

まずは水を入れます。

水の量ですが、フィールドコーヒーマスターで

パーコレーターのように使う場合

3カップ以上しか淹れることができません。

1カップ分だけ飲みたい場合、ドリッパーを使用し

通常のコーヒーを淹れるようにするみたいです。

今日は3カップ分淹れてみます。

本体の内側に穴が開いています。

6つの穴とその下に1つの穴が開いています。

取扱説明書によると3カップ分は下部にある1つ穴の下まで

水を入れるようです。

水の量
下の穴まで水を入れる

4カップ分の場合は上の6つの穴の下まで水を入れます。

次にドリッパーにコーヒーペーパーをセットし

コーヒー豆を飲む分量入れます。

今回は3カップなので約30gセットします。

私は濃い目のコーヒーが好きなので少し多めの豆を入れます。

コーヒー豆
コーヒー豆をセット

そのドリッパーをスチームロートに取り付けます。

この時、スチームロート台にストッパーがあるので

そこにひっかけてください。

ここで注意が必要なことはドリッパーはストッパーに引っかかっているだけ

なので持ち上げる時に外れることもあるので気を付けてください。

ロート台にセット
ロート台にセット

そこまでセットできたら、ロート台を本体に投入します。

本体の蓋をしたら、

いざ点火

弱火で沸騰させます。

約4分後、沸騰してきました。

蓋の取っ手がガラスになっており、沸騰した水が

ロートの中を通り取っ手のガラスに吹き出します。

沸騰

お湯の吹き出しを確認したら、火力を落とし

とろ火にします。

ロートからの吹き出すお湯が安定してきたら

ガラスの取っ手の色を見ます。

ほんのりコーヒー色
ほんのりコーヒー色

ほんのりコーヒー色に変わってきたら

一度火を止め、約1分間蒸らします。

蒸らしのあと、再度本体を火にかけます。

弱火でお好みの濃さのコーヒーになるようお湯を沸かします。

だんだん、ガラスに吹き出す色が濃くなってきました。

コーヒー
色が濃くなってきた

取扱説明書によると、この時、ガラスの色が濃い紅茶くらいになったら

いいと書いていますが、よくわかりませんでした。

約6分コーヒーを抽出してみました。

ここで火を止め完成

と、言いたいところですが、

本体はまだまだ熱く、余熱でロートから

コーヒーがまだまだ吹き出しています。

ここでもしばらく待ちます。

約1分後、吹き出しも治まったところで

蓋を開けます。

・・・ん、蓋が開かない!!

蓋には、ツメがついており、しっかりと本体に

くっついています。さすがスノーピーク、作りもしっかりしています。

本体は熱い、ハンドルも熱い、蓋も熱い

すべてが熱い。

両手にミトンが必須ですね。

蓋を開けた後も、スチームロートを取り出す際も

両手にミトンが必須です。

スチームロートを取り出せば、

コーヒーの淹れ終わりです。

さて、味のほうはどうでしょうか。

コーヒーの色や味は?

まずコーヒーの色は?
薄すぎず、濃すぎず、普段と見た目は変わりがないような色です。
香りは?
通常のペーパードリップとそんなに変わりがないかな。豆の種類、挽き方、蒸し時間によるのかな。
味は?
通常のコーヒーよりかなり濃いめです。
おそらく、抽出時間が長かったことと、コーヒー豆が深入りの豆だったことも要因ですね。
しかし、その分、味は濃厚です。
専門店のエスプレッソのような味です。私は好きな味です。

まとめ

今回初めて使ってみた感想ですが

良い点

・コーヒー本来の味が抽出できる

・好みの味に調整可能

・容量が大きいため、たくさんの量が抽出できる

悪い点

・3カップ以上からしか抽出できないため、少量では使用できない

・コーヒーを飲むまでに時間がかかる。

・とにかく熱い

・味の調整が難しい

初めてなので使い方、時間管理などが手探りの状態でした。

キャンプ場などでゆっくりとコーヒーを楽しむ場合は

面白いギアです。

他のメーカーもパーコレーターはありますが、そこはやはり

スノーピークの商品だけあって、しっかりとした作りとなっています。

ふたの密着具合もしっかりしているため、蒸気が逃げることなくコーヒー豆

を蒸らしてくれます。

味も自分流の淹れ方をアレンジすれば10倍おいしいコーヒーを淹れることができる。

というのが私の感想です。

これからパーコレーターを購入しようと思われている方には

このスノーピークのフィールドコーヒーマスターはおススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA